地域福祉事業部

トピックス

 

夏休み子どもひろば4日目

2018-08-09
 子どもひろば4日目は、たてべがブルーベリー狩りをし、いこいは流しそうめんと竹パン作りをおこないました。
 ブルーベリー畑では、自分で収穫したブルーベリー口いっぱいに頬張りる子どもたちの姿がたくさん見られました。
流しそうめんと竹パンは、子ども達に準備も含めて体験をしてもらいました。そのおかげで、午後のおやつの竹パンはとても上手に出来上がりました。

夏休み子どもひろば3日目

2018-08-09
お鍋いっぱいの野菜カレー
皆で食べるともっと美味しい!
水辺の生き物探し
水中で暮らす昆虫を発見!
 子どもひろば3日目は、たてべといこい合同で午前中はなろう原公園にてカレー作りと自然遊びを行ないました。
午後は八幡神社横にあるビオトープで自然観察体験をし、水辺の生き物に触れました。

夏休み子どもひろば1日目

2018-08-06
子ども企画輪投げ屋さん
子ども企画ショッピングモール開店!
大きいジャガイモ見つかるかな?
ジャガイモをたくさん収穫!
 8月6日(月)夏休み子どもひろばを開催しました。
初日の今日は、「建部」と「いこい」2会場とも朝から大忙し!
ジャガイモ堀りチームと、午後の子ども企画チームに分かれてそれぞれ体験と準備を行ないました。
 低学年の子ども達はジャガイモを軍手が土で真っ黒になるくらい一生懸命にたくさんのジャガイモを収穫してくれました。掘ったじゃがいもは8日のカレー作りに使って食べる予定です。
 一方で午後に行なう子ども企画は、高学年の中から有志で集まった「子どもひろば楽しみ隊員」を中心に、手作りのゲームコーナーの作成に力を注いでいました。子ども同士でアイディアを出し合い、準備をする頼もしい姿も見られています。
 そして、午後の本番では輪投げ・ボーリング・新聞ジャンケン・お絵かきゲームの4種類のゲームにスタンプラリーをしながら参加する「ショッピングモール」を全員で楽しみました。

平成30年度指定地域福祉活動支援事業助成金についてのお知らせ

平成30年度指定地域福祉活動支援事業助成金の申請受付が開始されました。
詳しくはPDFファイルの案内をご覧ください。
 
期間:平成30年5月1日~5月21日 ※土日祝日を除く
  (期間中は8:30~18:30まで時間を延長して受け付けております。)
 

地域福祉推進係

 この事業では、子どもからお年寄りまですべての人が安心して、山形村に住み続けられるように、地域の方々と協力しながら事業を行っています。地域の皆さんがお互いに助け合い、交流することにより住民の連帯感を高め、支え合いながら地域で生活していけるような地域を目指しています。
 各地区に地域福祉推進委員が設置され、地域の課題について話し合い、事業の企画・運営に携わっています。
 
①地域ふれあい交流イベントの開催
身近な地域の課題解決のために、各地区や村域でイベントの企画等を行っています。

例)様々な世代が交流できる場が少ないなぁ・・・
  →落語会など、どの世代でも楽しめるイベントを開催して、交流できる場を提供しています。
  長期の休みに、子ども達が遊べる場がほしいなぁ・・・
  →夏休み・冬休みに『子どもひろば』を開催し、子どもの居場所づくり等を行っています。
 
②助成金の交付
ボランティア団体等、地域のために活動している団体への支援として、助成金を交付しています。
③地域福祉活動部会の活動
(住民が主体となって行うことができる地域福祉活動)
・「上大池夢ふれあい隊」
地域にてイベントの企画・実施をおこなっています。
 
④ふれあいの旅事業の開催
 障害者とその介護者を対象に、ふれあい交流の場と機会を提供しています。日帰り旅行と一泊旅行を企画しています。
 
⑤介護者リフレッシュ事業の開催
・家庭で介護されているご家族などを対象に、心身がリフレッシュできる企画の実施や、日頃の悩みや体験を話し合う等、交流の場を提供しています。
 
⑥いきいきサロン事業
 ご自宅でお過ごしの高齢者に、が小地域を単位としてお集まりいただき、健康・趣味・社会参加等の活動をしています。運営はボランティアさんが中心となっておこない、社協から運営に必要な費用を、助成しています。
⑦慰霊祭の斎行
戦没者・海外移住物故者の顕彰と遺族の厚生・援護激励等を目的として行っています。
 
⑧貸付事業の実施
低所得者、障害者又は高齢者に対し、資金の貸し付けと相談をおこなっています。
・生活福祉資金(長野県社協の事業協働)
・助け合い資金(山形村社協の単独事業)
※資金によっては連帯保証人や利子がかかる場合もあります。
 
⑨日常生活自立支援事業の実施
障害や認知症により、判断能力の低下や金銭管理に不安がある方への援助を、行います。
例)福祉サービス申し込み手続きの代行等
  預貯金の出し入れ、利用料の支払い
  通帳、印鑑、書類等の預かり

山形村ボランティアセンターの運営

 山形村ボランティアセンターでは、「ボランティアをしてみたいな」「今ボランティア活動をしているけど、相談したいことがある」「ボランティアさんの協力がほしい」という方や団体、組織等へ支援を行っています。
 住民のボランティア活動に関する理解と関心を深めると共に、その育成援助と必要な連絡調整を行うことを、目的としています。

◇◇◇ ボランティア活動についての様々な取り組み ◇◇◇
■ボランティア活動についての相談
活動についての相談や、活動の紹介、イベント開催等の支援、ボランティアグループの立ち上げ等に対して、支援をおこなっています。
 
■ボランティア講座の開催
ボランティア活動に興味のある人、活動している人の学習の場とし、意識を高めることを目的としています。
 
■ボランティア活動発表会の開催
普段の活動を発表し、ボランティア同士が交流することによる活動の活性化を目的としています。
■ボランティア活動の調査、研究
アンケート調査等
 
■ボランティア登録(ボランティア活動の支援)
・ボランティア活動を希望する方々に登録していただき、活動先を紹介します。
・ボランティアを必要とする施設や個人からの要望を受付け、活動したい方との調整を図ります。
■ボランティア活動保険への加入受付
・活動上の不慮の事故に備えて、ボランティア活動保険への加入を受付けています。
 ボランティア活動保険 280円~(年間)
 ※加入には山形村ボランティアセンターへのボランティア登録が必要です。
例)・清掃ボランティア中に転んで、ケガをしてしまった。
  ・活動中食べたお弁当で、ボランティア自身が食中毒になった。
  ・ボランティア活動中に、誤って花瓶を落とし壊してしまった。
 
■備品の貸出
ぽぽねっと広場「ボランティアセンター貸出備品のご案内」へ

地域生活支援

◇◇◇生きがい活動支援通所介護事業◇◇◇ 
■生きがいデイサービスとは?
 生きがいデイサービスの利用対象者は、介護保険サービスの給付の対象とならない方です。おおむね65歳以上の方を対象に、閉じこもり予防、要介護状態にならないことを目指します。
 
■サービスの概要は?
 日常の動作訓練・軽スポーツ・レクリエーション・各種催し物・調理実習・奉仕活動などを通し、趣味やリハビリ、生活の「生きがい」につながる内容を提供しています。利用者のニーズや身体状況に沿ったサービス提供をし、気軽に外出をしていただき同世代の方々との交流やなどのお手伝いをさせていただいています。
 ※送迎はサービスに含まれませんので、福祉バスをご利用いただくか、ご家族様などの送迎により、いちいの里までお越しいただける方が、ご利用いただける事業となります。
 
■生きがいデイサービスの流れは?

  9:30 集合
 11:30 解散
 
 
■サービスはどこで、いつやっているの?
○場所:山形村保健福祉センターいちいの里内
○曜日:金曜日(祝日はお休みとなります)

 
◇◇◇ 日中一時支援事業 ◇◇◇ 
日中一時支援事業は、障害児(者)等を一時的に預かることで、日中の活動の場(施設における預かり・見守り)を確保し、その家族が安心して仕事を続けられることや、介護されている家族の一時的な負担軽減を目指しています。
■対象者は?
身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方が、対象となります。
※この事業は、山形村より委託を受けて、山形村社会福祉協議会が行います。
 
 
◇◇◇ 配食サービス事業 ◇◇◇ 
村内にお住まいで調理の困難な高齢者等に対して、健康で自立した生活が送れるよう、栄養バランスのとれた食事の提供を行います。訪問した際には、コミュニケーションをはかる中で、利用者の状態を確認するなど、安否の確認を行います。
※この事業は、山形村より委託を受けて、山形村社会福祉協議会が行います。
 
 
◇◇◇ 障害者居宅介護事業 ◇◇◇ 
 障害により、在宅での生活に援助が必要な人が、ご自宅において日常生活を営む事ができるよう、ヘルパーが訪問し、入浴・食事・調理等の介助をします。
■利用対象者は?
障害者総合支援法により、訪問介護が必要と認定された方。
■主な介護内容とは?
○身体介護:食事・排泄・衣類着脱・入浴・清拭や、その他日常生活を送るうえで必要な介助。
○生活援助:調理・衣類の洗濯・掃除・生活必需品の買い物や、その他日常生活を送るうえで必要な介助。
 
 
◇◇◇ 軽度生活援助事業 ◇◇◇ 
 村内にお住まいの高齢者等に対して、簡単な日常生活上の援助を行います。外出時の援助、家屋内の整理、食事・食材の確保などを行います。
※この事業は、山形村より委託を受けて、山形村社会福祉協議会が行います。
 
 
◇◇◇ 障害者施設移送サービス事業 ◇◇◇ 
 移送用の車輌等により、利用者の居宅等と、村があらかじめ指定をした利用施設との間を移送(送迎)します。範囲は、山形村及び隣接する市町村とし、片道所要時間が30分以内とさせていただいています。
※この事業は、山形村より委託を受けて、山形村社会福祉協議会が行います。
 
 
◇◇◇ 移動支援事業 ◇◇◇ 
 移動支援事業とは、一人で外出することが困難な障害者(児)の移動をお手伝いするものです。障害者等の自立生活や、社会参加を促すことを目的としています。
※この事業は、山形村より委託を受けて、山形村社会福祉協議会が行います。
 
 
◇◇◇ 心配ごと相談事業 ◇◇◇ 
 おおよそ月に1回、保健福祉センターいちいの里内にて心配ごと相談を実施しています。民生委員が相談員となり、生活上の心配ごとや困っていることなど相談に応じます。
※この事業は、山形村より委託を受けて、山形村社会福祉協議会が行います。

お問い合わせ先

山形村社会福祉協議会 
本 所(保健福祉センターいちいの里内) TEL 0263-97-2102 FAX 0263-97-2108 
すばる支所(保健福祉センターいちいの里内) TEL 0263-87-8754 FAX 0263-87-8764
建部 支所(コミュニティハウス建部の里内) TEL 0263-97-1165 FAX 0263-98-5538